推しの話をしよう

物事人場所食べ物なんでも、推し話

週刊できごと Vol.2

f:id:uso_kawa:20210319084212p:plain

 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

先週更新してから思ったんですけど、七日間の話を金曜日にするなら前の金曜から木曜までの七日間だよね。こういうカウント苦手なのよ…。

という事で、金曜日を始点に木曜までの七日間の振り返りになります。

アイキャッチも曜日だけ変えました。Sta.って字面が好きだったからちょっと寂しいわね。

仮で付けた「週刊できごと」ってタイトルがオダサなんだけど他にいい感じのものが思い浮かばないのでもうこれでいいかな、いいね、おっけー!

 

◆魅惑の瓶ドン

郷土愛が強い方ではないけれど、出身地である岩手県が話題になっているとつい気になってしまう。

宮古市の瓶ドンなるものがバズりまくっていましたね。

www.kankou385.jp

わたしは沿岸部出身のくせに生の海産物がほぼ食べられないのですが、お土産にウニやイクラを差し上げると大変喜ばれるので、やはり岩手の海産物は美味しいんだと思います。

地味で見落としがちだけど実はメカブがめちゃくちゃ美味しいんですよ。

シャキシャキコリコリの食感と滑らかな粘り、臭くない磯の風味。

個人的に出汁醤油と少しのお酢を垂らして食べるのが好きです。

瓶ドンもメカブがたっぷり入っていますが、嵩増しと思わず是非楽しんでいただきたい。

瓶ドンは楽天からも買えるみたいです。

item.rakuten.co.jp

 

◆翻訳を考える

キンキーブーツを観て初めて「Patience of job」で「ヨブの忍耐」という慣用句を知った。

ヨブ記自体は(さらっとだけど)読んでいるんですが、何せ口語訳でしか読んでおらず、どう聞いても「ジョブ」と発音しているのになんでヨブ記の話をしてるんだろう…と思い鑑賞後調べたら聖書出典の慣用句でした。

教養も語彙力もないので、翻訳の仕事を考えるだけでくらくらする。

言葉ってその地域の文化的歴史的背景を元に発展し続けるものだと思っているので、ストレートに翻訳したところで受け手の背景が違うと伝わらなかったり、最悪誤解を招くこともあって。

特に今は言葉狩りかと思うくらい規制が厳しくなってきて、気を配るポイントが物凄く多いと思うんですよね。

字幕と吹替えだとニュアンスや使える文字数も変わるだろうし。

言語変換というだけですごいのに、考えることが数多ありすぎて想像しただけでオーバーヒートしそう。

日本の人口が多いから母語割合としては日本語は上位にいるけど、日本国内でしかほとんど需要がないのに、頑なに日本語に対応し続けるのってよく考えるとすごいですよね。

 

◆ピーターパン&ウェンディ

一口にディズニー好きと言っても様々ですが、わたしはディズニー映画も好き。

中でも一番好きなのがピーターパンです。

小生意気でちょっと意地悪で見栄っ張りな永遠のガキ大将。

飛ぶ方法なんて考えたことなかった!という彼が改めて考えて出した答えが「楽しいことを考えるんだ!」なんですよ…なにそれ、そんなのってあり?ずるい。

初めて観た時から、ピーターパンはずっと変わらず一番大好きな映画です。

実写化自体は結構前に決まっていてスタンバイ状態だったのが、ついに撮影がスタートしたようです。

本編が楽しみなのはもちろん、美女と野獣やアラジンの時みたいに盛り上がってくれると嬉しいなぁ。

ピーターパンのグッズというとほとんどティンクグッズだったのが、最近はちゃんとピーターのグッズになってきているし、実写グッズにも期待を…してしまう…。

インディアン改めネイティブアメリカンをどう描くのかという不安もありますが。

一部地域では差別的描写があるという事で、キッズコンテンツからピーターパンやダンボが削除されるらしいですしね。

その辺に対して鈍感なまま生きてきてしまったので「過剰じゃないかなぁ」と思ってしまうけれど、世界的にはどうなんだろう。

過去の教訓として昇華するにはもっとずっと、もしかしたら永遠にかかるのかもしれない。

 

◆怪物事変、はじめました

今シーズンアニメで気になっていた怪物事変。

やっと手を出したんですが、面白いね…漫画大人買いしちゃった…へへ…。

スリーマンセルほのぼの成長物語かと思いきや、意外とえぐい過去描写があったりもしてびっくりしました。

女の子がみんな可愛くてハッピージャムジャムしちゃう最高。

今のところ神視点でみんな推しなんですけど、紺ちゃんが健気で可愛すぎるのでCP応援しちゃうね。

夏羽くんの感情が動くたびに「ンフグゥ…!!!!」と声にならない感動を喉から絞り出すのやめたい。

 

◆あんスタ!!1st anniversary☆

おめでとうございます!

わたしの近年のメインジャンルである「あんさんぶるスターズ」ですが、昨年大型アップデート&リズムゲームをニューリリスしました。

今までの「あんさんぶるスターズ!」はサザエさん方式で四月になると時間がリセットされ、また一年を繰り返す仕様だったんですが、「あんさんぶるスターズ!!Basic」になり新章という形で時が動きだしました。

同時に「あんさんぶるスターズ!!Music」というリズムゲームもリリースされ、同じタイトルで違う遊び方が出来るソシャゲ(=同じソシャゲなのに課金先が2つ)爆誕したんですね。

ジャンル外の人たちからしたら「あんスタのオタク、なんかアプリ多頭飼いしてない?」となるのはこういった事情からです。

絶賛1st anniversaryイベント中ですが、先輩(ハイランクユーザー)と後輩(低ランク・新規ユーザー)二人一組でミッションをクリアしよう♪という陽キャみたいなことを言い出したので、DMM版で取っていた別垢を後輩ぼくとして召喚して二人(概念)でイベントを楽しんでいます。

ゲームくらい一人でやらせろ。(陰キャの極み)

 

◆ザ・クラウンというドラマ

ゴールデングローブ賞エミー賞を受賞したネトフリドラマ。

今現在、存命する君主の中で最高年齢であり、長期在任君主でもあるエリザベス2世の治世を描いたドラマです。

事実に基づいて作られており、ロイヤルファミリーも鑑賞しているという事で見始めたんですが、ファッションや人間関係等見どころが様々あって確かに面白い。

面白い、けど、あまりにもゴシップすぎて1シーズンで断念しました…。

エリザベスを取り巻く人達の理解のなさ、板挟みの苦悩、君主としての葛藤。

それをエンタメライクに観られれば良かったのだけど、もともとゴシップが苦手なこともあり、事実に基づき脚色されていると思うと「他者を消費している」という意識が勝ってしまい駄目でした。

コンセプトやゴシップを批判しているわけではなく、相性の問題。

 

◆ヒノキ、襲来

今年のヒノキ、なんか強くない?!

砂の影響もあるのか、個人的にスギ花粉よりきつい…あらゆる粘膜と肌が痒い。

物心ついた時から花粉と闘っているのに未だに完全勝利出来ないし完封も出来ないの、もはや人類としてのバグでしょ。

 

◆七日間の購入品

購入品というか、注文していて届いたものたち。

メルティングクリアクレンジングバーム

パンテノールシカブレミッシュアンプル

パンテノールシカブレミッシュクリーム

/すべてBIO HEAL BOH

韓国版マツキヨことオリーブヤングのオリジナルブランドのスキンケア。

文字数揃ってるせいか、羅列するとめちゃくちゃ目が滑って読みにくいね。

使い始めてまだ6日なのと、花粉の猛攻撃のせいで目に見える効果は特にないかな…。

アンプル・クリームどちらとも粘度が高く保湿力もある。

クリーム塗布後にメイクするとファンデがムラになりやすかったり、パウダーと混ざってモロモロと崩れてしまうので夜専用使いがよさそう。

使い続けて良さに気付くこともあるので、無くなるまで使ってみようと思います。

www.qoo10.jp

 

ZOZOグラス

謎技術が搭載されたゾゾのアレ。

無料でくれるっていうので予約していたものが届きました。

まだ使ってないけど、やっぱり光の影響は受けるみたいですね。

週末にでも使ってみようと思います!1000円クーポン何に使おうかな!

zozo.jp

 

3月12日(金)から3月18日(木)のお話でした。

良い週末をお過ごしください。

ではまた、七日後に。